やりたい事とできる事の違いとは?

理由によってはデメリットになる転職を避ける為に

永年雇用が当たり前でなくなった現在は転職を希望する人が沢山いますが、転職理由によっては新しい雇用先から嫌煙される恐れがあります。新しい就職先を探した時転職理由で歓迎されるものは、リストラや倒産等会社都合の理由です。逆に自分に合わない、夢を追いかける等の曖昧な理由は嫌煙されがちです。なぜなら仕事には辛い事やりたくない事が付きものなので、企業は我を通すのではなく会社に合わす事が出来る人を求める傾向があるからです。
実際転職する度に条件が悪くなり職に困る人もいるので、最初に就職する時に長く務める会社を選ぶ事が大切なのです。その為には自分のやりたい事を出来る事を見極め、自分にあった仕事を探すと良いです。

自分にあったお仕事適正を考えよう!

やりたいと思う事と出来る事が自他共に一致している人は良いですが、自信を持って一致していると言いきれる人はそう多くないです。しかし一致していなくても、今出来る事を突き詰めてこだわりを持ち楽しみに繋げていけば大丈夫です。
今出来る事を把握するには、自分が人より優れている分野は何かを考えます。例えばゲームやパソコンに興味があるなら、ゲーム業界やシステムエンジニア等の道があります。人付き合いが得意というなら、人あたりの良さを生かして営業や接客等人と関わる仕事が良いです。次に就職するにあたって自分が給与や福利厚生、労働日数等、一番妥協できない事を考えて志望する会社を選ぶとストレスが少ない為、長く働く事が可能になります。

工場の仕事というと、キツい汚いというイメージの方も多いでしょうが、多くの工場ではそんな事ありません。結構綺麗で、働きやすい環境を整えている所がたくさんあります、働いてみると意外と楽しかったりします。

© Copyright Morning Routine. All Rights Reserved.